最終更新日:2021年11月19日

ニチコン ESS-U4X1の魅力を解説

ニチコンの蓄電池 ESS-U4X1
家庭用最大級の蓄電容量を誇る蓄電システム
V2Hシステムと連携して一歩進んだ暮らしを実現
この蓄電池価格が知りたい方は!
衝撃の価格を表示中!!

家庭用最大級16.6kWhの蓄電容量

ニチコンのESS-U4X1は、家庭用蓄電池としては最大級の蓄電容量である 16.6kWh の蓄電池を搭載しています。
万が一の停電時には、標準的な消費電力の家電を長時間にわたって使用できます。

家庭における家電の使用例と消費電力

自宅をまるごとバックアップ、全負荷かつ200V対応

ニチコンのESS-U4X1は、停電時に家全体をバックアップする全負荷対応の蓄電システムです。
専用の自動切替分電盤と接続することで、停電時でも普段どおりに、どの部屋でも電気が使えるので安心です。
さらに、200V出力も可能ですので、エアコンやIHクッキングヒーター、床暖房等の高出力が必要な機器も、停電時に使用できます。

また、ニチコンのESS-U4X1は、重要負荷(非常時兼用)分電盤にも対応しています。
そのため、停電時に家じゅうで電気を使いたいのか、もしくは特定の部屋だけで使えればいいのか、目的と予算に合わせてカバーする範囲を選択出来ることが、ニチコンのESS-U4X1の大きなメリットです。

全負荷型だから停電時もすべての機器が使用可能

停電時も太陽光発電を最大限活用

ニチコンのESS-U4X1は、専用の自動切替分電盤と合わせて使用することで、災害などによって停電が起こったときに、自動的に蓄電システムからの電力供給に切り替えます。
復電したときも特別な操作は必要なく、自動的に通常運転に切り替わります。

また、一般的な蓄電システムは、停電時には太陽光パワコンが自立運転に切り替わることによって、最大出力が1.5kVAに下がってしまいます。
対して、ニチコンのESS-U4X1は、独自のシステム制御によって、停電時でも太陽光パワコンを連系運転のまま動作させることができます。
そのため、太陽光パワコンを自立運転に切り替える必要がない上に、最大出力の低下も発生しないため、停電時でも太陽光発電の能力を最大限に活用することが出来ます。

従来の場合の停電時の電気の流れ
ESS-U4X1を使用した場合の停電時の電気の流れ

AIが蓄電システムを最適に自動制御

ニチコンのESS-U4X1は、ニチコンのAIシステムと連携して、自動で自家消費に最適な運転設定を行います。
AIが過去の電力使用状況や天気、太陽光の発電量などのデータから学習して、翌日の余剰電力量を予測します。
※事前に見守りサービスと本サービスに加入いただいた方が対象です。

蓄電システムが貯めておく電力を、毎日自動で最適に調整するので、常に効率の良い蓄電が出来ます。
そのため、卒FITの方や自家消費したいお客様には、ニチコンのESS-U4X1がおすすめです。

AIが様々なデータを学習し、最適な蓄電量に自動コントロール

2種類の運転モード

グリーンモード(自家消費を優先)

ニチコンのESS-U4X1のグリーンモードは、太陽光発電の自家消費を優先した運転モードです。
昼間、太陽光発電した電気の余剰分を蓄電システムに貯めて、発電の出来ない時間帯に活用します。
買電する電気を抑えることが出来ますので、電気代の節約に繋がります。

グリーンモード時は余剰電力を蓄電し、発電できない時間帯に利用

経済モード(売電を優先)

ニチコンのESS-U4X1の経済モードは、売電を優先した運転モードです。
太陽光の余剰電力はすべて売電し、日中以外は夜間に安い電気を蓄えて使用します。
深夜料金の電気を買電することで電気代を抑えつつ、余剰電力の売電が出来るのでお得です。

経済モード時は余剰電力を全て売電する

災害に備えて、あらかじめ蓄電システムに充電

ニチコンのESS-U4X1は、気象警報が発表されたら、自動で蓄電池を満充電にするための機能が搭載されています。
また、早期注意情報が発表された場合にも、夜間に安い電力を買電し、蓄電池に蓄えます。
ニチコンのESS-U4X1なら、出来る限り買電料金は抑えつつ、非常時の停電に備えることが出来ます。

気象警報・早期注意情報が発令されたときに、自動的に蓄電システムを満充電にする機能を搭載

30%を常時蓄電、急な停電時も安心

ニチコンのESS-U4X1は、蓄電容量の30%を常に蓄えておくように、初期設定されています。
「もしも」の災害等によって、急な停電が発生しても、蓄電池に貯めておいた電気を使用できます。
常時貯めておく蓄電容量は、ESS-U4X1付属の室内リモコンから、お客様が自由に設定できます。
※工場出荷時は30%に設定。30~70%まで10%単位で室内リモコンから設定可能。OFFにすることも可能。

蓄電池に常に30%の電力を貯めているため、急な停電も安心

安心の24時間見守りサポート

ニチコンのESS-U4X1の室内リモコンをネットワークに接続することで、蓄電システムの状態を24時間見守るサポートが受けられます。
日々のシステムメンテナンスや、新しいファームウェアのダウンロード等によって、常に安全が見守られます。

また、将来的には蓄電システムのネットワーク接続によって、VPP(仮想発電所)の役割を担うことも可能ですので、今後の拡張性の高い蓄電システムといえます。

インターネット接続によって24時間の見守りサポートが受けられる

長期保証・長期補償がついて安心

ニチコンのESS-U4X1には、無償で10年間の本体保証と自然災害補償が付いています。
さらに購入時に有償オプションで、蓄電システム本体の保証期間を15年間に延長可能です。

保証内容についての詳細は、 ニチコンのHP をご確認ください。

ニチコン ESS-U4X1の販売価格

ニチコンのESS-U4X1のお値段は、希望小売価格が4,500,000円(税別)となっています。
さらに、蓄電池設置工事にかかる費用として、30万円から50万円程の費用が蓄電池本体の値段に上乗せされます。

一方、エネタウン.jpでは、工事費込みの驚きのパッケージ価格で蓄電池を提供しています
驚きの価格を実現するために、以下の手法を用いて、お客様に低価格で商品をご提供しています。

  1. メーカー正規品を独自ルートにて仕入れ
  2. 技術力のある工事会社に定額で依頼
  3. ネット販売を活用し、最安のお値段を追求

家庭用蓄電池は、なぜ高い?

訪問販売ビジネスによって、流通の段階で値段が高くなってしまっていることが理由の一つとして挙げられます。
訪問販売という手法は、セールスマンの人件費を販売価格に上乗せする必要があるため、どうしても価格が高くなってしまいます。
また、利益を優先するあまり、お客様に不当に高い値段で商品を販売する一部の業者が存在することも事実です。

この蓄電池価格が知りたい方は!
衝撃の価格を表示中!!
既に他社の見積りお持ちの方 コチラ
既に蓄電池のお見積りをお持ちの方はコチラ