をしている人続出!!

2019年問題とは

2009年11月から始まった
10年間の余剰電力買取期間が
2019年11月以降、順次満了します。

2019年問題とは?

太陽光発電の 「余剰電力買取制度」開始から10年が経過し、固定価格での買取期間が終了となることが、 「卒FIT」と呼ばれています。
2019年から卒FITが発生するため、太陽光業界では「2019年問題」とも呼ばれています。
ここからは、電力の自由化もあり自分に合った最適なプランを選ぶことが重要になってきます。

対策は大きく分けて2つ!!

対策なし

そのままにしておいて
とりあえず、安くても電気を売る

メリット
手間がかからない。
デメリット
他に高く買ってくれる会社があるかもしれない。
電力会社を変更
電力会社を変更

少しでも買取価格が高く
コスト的にお得な電力会社を探す

メリット
初期費用なしで、できるだけ得をする。
デメリット
契約のための手間が少し掛かる。
蓄電池を導入
蓄電池を導入

蓄電池を入れて電気を有効活用
しながら防災に備える

メリット
単価が高い時間の電気使用量を抑えることで電気料金を抑えることができる。
停電時に電気が使える。
デメリット
蓄電池購入の初期費用が必要。