あん
最終更新日:

ニチコンV2H  EVパワー・ステーション®VSG3シリーズの魅力を解説

ニチコンV2H EVパワー・ステーション®VSG3シリーズの魅力
あのニチコンから セパレートタイプの新型V2Hが登場!
軽量でコンパクト。 ニチコンVSG3シリーズの魅力 について徹底解説
音も気にならず、 省スペースも魅力
ニチコンのEVパワー・ステーションで トップメーカーならではの安心の蓄電生活を
この VSG3シリーズ 価格 が知りたい方は!

V2Hシステム パワー・ステーション® VSG3シリーズ

プラグホルダ(操作部)
プラグホルダ用ポール (オプション)

パワーユニット(本体)

ずっと使うものだから、 トップメーカーならではの安心を。

製品紹介

パワーコンディショナ

この先のくらしまで考えた、
コンパクト&高機能パワーコンディショナ

*夜間にPVパネルに印加される高電圧を抑制する制御を有しPIDによる出力低下リスクに対応しています。
※ニチコンオーナーズ俱楽部に会員登録(無料)した上で、システム保証書申請を行う必要があります。

蓄電池ユニット

2つの選べる蓄電池ユニット

※ニチコンオーナーズ俱楽部に会員登録(無料)した上で、システム保証書申請を行う必要があります。
製品特長01

太陽光発電を有効活用

太陽光でエコドライブを。
EVを「蓄電池」としても活用。


V2Hシステムがあれば、自宅の太陽光発電でつくった クリーンなエネルギーをEVに充電できるため、 CO2排出を抑えたエコドライブが実現します。
また、EVの充電だけでなく、EVから家庭への放電も可能。 昼間、太陽光発電に余剰が出れば、EVに充電しておき、 電力消費の多い夜の時間帯に家庭へ放電して活用できます。

太陽光発電は家庭で優先的に使用し、 余った電気はEVに充電。
さらに余った電気は、電力会社へ売電します。

太陽光発電は家庭で使用し、足りない電気はEVから放電。

太陽光発電を有効活用。

太陽光発電とEVを組み合わせて、自宅でつくった電気を上手に
「家産家消」することで、毎日の節電をより加速できます。

試算条件
・年間電力使用量4,322kWh(月平均約360kWh)
・太陽光発電システム5kw設置(年間発電量5,000kWh)
・太陽光発電の自家消費率は家庭使用電力の50%
・AC↔DCの変換効率85%
・EV内部消費@充放電時300W※1
・ガソリン車/EVの年間走行距離4,000km
・EVは平日に自宅に駐車し、主に近隣への移動に使用する想定
・買電単価36円/kWh
・売電単価8.5円/kWh
・ガソリン車燃費12km/L
・ガソリン単価160円/L
・EV電費8km/kWh

※数値は2023年12月現在の参考値です。
お客様の使用状況によって数値は変動するため、効果を保証するものではありません。
※1 EVパワー・ステーション®で充放電動作を行う際、車両側でも各種システム
(バッテリー保護機能等)を動作させるために最大数百Wの電力を消費する場合があります。

スピーディな倍速充電。

200V/3kWの普通充電に対して最大約2倍のスピード(最大6kW未満)で充電できます。
※お客様の電力契約によっては、約2倍のスピードで充電できない場合があります。

安心のインテリジェント充電。

リアルタイムな家庭の電力消費量に合わせて、EVへの充電量を自動制御。
契約アンペア内で充電するため、ブレーカー落ちの心配がありません。

太陽光発電を設置していなくても、
V2HシステムがあればEVを 「蓄電池」として活用できます。

製品特長02

停電対策に活用

EVを「停電対策」に活用。
災害時でも家族に安心を!


EVから電気を取り出せるV2Hシステムがあれば、 災害などによる停電時に、EVが非常用電源になります。
これからも家族が長く安心して暮らすために、 「EVに電気を蓄えておく」という防災対策を。

停電したら、 EVから家へ自動で放電。

EVパワー・ステーション®は、停電が発生した際にEVから自動で家に放電します。 車両が接続(コネクタロック)されていれば、暗闇の中で複雑な操作をする 必要がありません。
自立出力も6kVAとパワフルで、200VのエアコンやIH調理器も使用できます。

※コネクタロックされていない場合は手動での起動操作が必要です。

停電を検知して自動切替

系統からの電力供給が途切れると、EVから家への放電に切り替わる「自動切替開閉器」を採用。
一般分電盤にコンパクトに設置でき、全負荷対応分電盤が不要なため、工事費の削減にも貢献します。

※外部太陽光発電の併設時など配線によっては別途、分電盤ボックスが必要になります。

12V電源ケーブルでの起動操作が不要。

停電発生時、EVの充電口に充放電コネクタを接続してコネクタロックしている状態であれば、そのまま家への放電が可能です。

停電が長引いても、より安心に。

停電が長時間続いた場合でも、EVの大容量バッテリーから家への放電を続けることが可能。安心がより長く続きます。

製品特長03

軽量・コンパクトなセパレートタイプ

軽量・コンパクトで使いやすい。
スッキリ、省スペース設置。


EVから電気を取り出せるV2Hシステムがあれば、 災害などによる停電時に、EVが非常用電源になります。
これからも家族が長く安心して暮らすために、 「EVに電気を蓄えておく」という防災対策を。

毎日の操作がラク

プラグホルダ(操作部)は、手に取りやすく EVに 接続しやすい位置に設置が可能です。

選べる設置方法

壁に掛けて設置したり、据置きにしたり、 自宅の駐車スペースに合わせて自在な設置が可能です。

省スペース設置

パワーユニット(本体)もプラグホルダ(操作部)も コンパクト&シンプルなデザインです。

音が気にならない

外部ファンがなく運転音が静か。 窓の近くに設置しても、騒音が気になりません。。

選べるカラーバリエーション

プラグホルダ(操作部)は、 シルバーメタリックと ブロンズメタリックから選択できます。

セパレートタイプでさまざまな駐車スペースに対応。

パワーユニット(本体)とプラグホルダ(操作部)をセパレート化し、小型・軽量化することで、さまざまな設置方法が可能に。
駐車スペースに合わせて最適な組み合わせで導入できます。

壁掛

壁掛

据置

据置

壁掛

壁掛

据置

据置

電気のムダを削減。運転音も静か。

EVと家の間で電気を移動させる際に発生していた変換ロスを抑えて、電気のムダを削減しました。
これにより、パワーユニット(本体)の放熱量も抑えられ、外部ファンが不要に。運転音も静かです。

製品特長04

操作もカンタン

スマートフォンや室内リモコンでラクラク操作。

スマートフォンの専用アプリもしくは室内リモコン(オプション別売)で、 運転モード設定や充放電時間帯設定などの操作が可能。稼働状態や履歴も確認できます。

※専用アプリは自宅の外からは操作できません。
※専用アプリで操作するには、スマートフォンをLANに接続する為の無線LANルーター(市販品)をご用意いただき、 パワーユニット(本体)と有線LANにて接続いただく必要があります。無線LANルーターを設置しない場合は、 室内リモコン(オプション)が必要です。
※専用アプリは以下のスマートフォンとOSに対応しています。(2023年12月現在) Android™ 端末:Android 9以降/ iPhone:ios16以降

※EVパワー・ステーション®の専用アプリと室内リモコン(オプション別売)は、 発展型太陽光パワーコンディショナと連携させる場合は使用できません。
その場合は発展型太陽光パワーコンディショナの専用アプリ もしくは室内リモコン(オプション別売)をご利用ください。

外出先からでもリモート操作。

EVパワー・ステーション®はECHONET Liteに対応しており、別売の機器「Nature Remo E」※を使用すれば、外出先からも充放電の開始・停止、状態の確認、コネクタロックといった操作が可能です。

※EVパワー・ステーション®の専用アプリと室内リモコン(オプション別売)は、 発展型太陽光パワーコンディショナと連携させる場合は使用できません。
その場合は発展型太陽光パワーコンディショナの専用アプリ もしくは室内リモコン(オプション別売)をご利用ください。

この VSG3シリーズ 価格 が知りたい方は!